ラインスタンプシュミレーターの使い方



ラインシミュレーターに慣れよう!

今となっては当たり前のように使われているラインはスタンプを作ればお小遣いを多少稼ぐことも出来たりします。なので、せっかくクリエイターズスタンプを作るなら、できればみんなから使われるスタンプを開発したいものですよね。
そのためにはラインスタンプシュミレーターを使って登録する前にトークルームでどのようにみえるか確認する必要があります。例えば動きがちゃんと組み込まれていなかったり、スタンプが見切れていたらせっかく作ったのにスタンプとして利用されない場合があります。なのできちんと確認すればスタンプの完成度を高めることが可能です。
ラインスタンプシュミレーターは、パソコンさえあれば簡単にシミュレーションすることができます。

【ラインスタンプシュミレーターの使い方】

1.ラインクリエイターズマーケットからマイページにログインします。
https://creator.line.me/ja/

2.マイページにログインしたら、左メニューの下から3番目にある「作ったスタンプをチェックしよう!」を押し、「スタンプシミュレータを使ってみる」を押してシミュレーターを起動します。

3.シミュレーターが起動したら、作ったスタンプを使ってみましょう。既に登録されているクリエイターズスタンプは画面下に予め用意されていますが、まだ申請をしていないスタンプを試す時は、シミュレーターにドラッグ&ドロップすれば使用イメージを確認できます。

4.ドロップする位置を右側すれば、自分がスタンプを使用したイメージが確認でき、左側にドロップすれば相手がスタンプを使用したイメージが確認できます。

ラインスタンプシミュレーターの様々な使い方

ラインスタンプシュミレーターに慣れてきたら今度は背景を変えて透過ミスや表示ができているかどうかの原因を確かめてみましょう。やり方は、上部の矢印アイコンをクリックしメニューが表示されるので、1番左の【Theme】をクリックすればトーク画面の着せ替えができ、色々と利用してミスがないか確かめることができます。背景色によってスタンプの見方は変わるので色んな背景を試せます。また今後のスタンプ作りに参考になるのでぜひ有効活用してみてください。
ラインスタンプシュミレーターで使われたスタンプ画像はどこにも保存されないので発売前のスタンプでも安心して使えます。その他にもトーク画面を消去できる【Clear chat】やシュミレーターのトークルーム画面をキャプチャしてダウンロードできる【Image】など多彩な機能が満載です。
ブログやTwitter、Facebookなどにスタンプ使用例を掲載したい場合はSNSで共有できます。自分でたった一つのオリジナルスタンプを作るのなら絶対ラインスタンプシュミレーターを利用してください。スタンプの完成度が良くなり人気のスタンプになること間違いなしです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑