ラインスタンプ作成に役立つ文字入れツール(フリーソフト)



スマートフォンでラインスタンプを作る場合

ラインスタンプに文字入れをする方法にはフリーソフトを利用するのが便利で、スマートフォンでラインスタンプに文字を入れる場合は「Phonto 写真文字入れ」というアプリを使うと簡単に文字入れをすることができます。
アプリをダウンロード後、起動させると方眼紙のような画面になりますので、ここで背景画像を設定するため、下の中央にあるカメラのアイコンをタップします。すると、メニュー画面に変わりますので、例えば画像をアルバムから選択する場合は「写真アルバム」をタップ、次にフィルターの選択画面から好きなフィルターを選び、決まったら右上の「完了」をタップします。ここまでの作業を終えると、起動時の方眼紙のような画面に選択した画像が読み込まれた状態になります。
そしてその画面の文字を入れたい所をタップすると、「文字を追加」という吹き出しが表示されます。そこをタップすると文字入力の画面になりますので、ここで好きな文字を入力して終わったら右下の「完了」をタップします。
すると画面にフォントの変更などの表示が出ますので、フォントや文字の色を変えたい場合は希望する表示を選び編集、出来上がったらPNG形式で保存します。

iOS用>>

Android用>>

パソコンでラインスタンプを作る場合

パソコンでラインスタンプに文字を入れる場合は、「Fire Alpaca」が便利です。手書きのイラストと共に文字も一緒に取り込めるので、好きなように文字入れをすることができます。
使い方はまず、紙に手書きのイラスト・文字を書き、出来上がったらスマートフォンで撮影をしてパソコンに送ります。
そしてパソコンで「Fire Alpaca」を立ち上げて、写真を開いてレイヤーから「レベル補正」で書いた線をくっきりさせます。次に、レイヤーから「線画抽出」で背景を消す作業をします。すると、線以外の部分に市松模様が現れます。
それから余白を考慮してW350×H300 pixel 72dpiの新規ファイルを作成し、背景を消した画像を開いて「選択範囲」は「全て選択」にして、「編集」から「コピー」、そして新規ファイルを開いて「編集」から「貼り付け」を選択します。なお、この画面では縮小などの調整が可能ですので、作成しやすいように調整してください。
ここから色塗りの作業に移り、自動選択ツールで色を塗りたい部分を選びます。そして、画面の右下に新しいレイヤーを作ってバケツツールを選択、この作業を繰り返して色を塗っていきます。
完成したらPNG形式で保存をしますが、透過PNGにチェックを入れて保存します。
これでオリジナルのラインスタンプの出来上がりです!どんどん作ってラインをもっと、楽しんでみてはいかがでしょう?

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑