自作のラインスタンプ(クリエイターズスタンプ)を審査に出すまでの手順を分かりやすく解説!



まずはLINE Creators Marketへの登録が必要

自分でラインスタンプを作って販売するためには、審査に通る必要があります。この審査を受けるためには、まずLINE Creators Marketへの登録が必要です。これは、普通のLINEのアカウントとは別に登録する必要があるので注意してください。
まずLINE Creators Marketのページへアクセスし、自分が使用しているLINEアカウントでログインします。必要情報の入力を求められるので、そこへ情報を入力し登録するボタンをタッチすると、入力したメールアドレスにメールが届きます。メールに記載されているURLをタップすると登録完了です。届いたメールから完了手続きをするまでは、登録されないので気を付けましょう。もしメールが届かないという場合には、line.meからのメールが受信できるように、ドメイン設定を見直してみてください。

審査を受けるために用意する画像は?

審査を受けるためには、販売するためのスタンプ画像を事前に用意しておく必要があります。通常のスタンプの場合、メイン画像が1枚、タブ画像が1枚必要です。またスタンプ画像の数は、8,16,24,32,40枚の中から選択する事が可能で、最低8枚は用意しなければなりません。メイン画像とタブ画像は、スタンプ用の画像から1枚を選びサイズ調整すれば使えるので、実際必要になる画像は最低8枚という事になります。スタンプを販売するのが初めてという方は、まず8枚から挑戦してみると良いでしょう。
使える画像のフォーマットはPNGなので、画像を作る時はPNG形式で保存するのを忘れないでください。また、メイン画像は「W240×H240」、スタンプ画像は「W80~370×H80~320」、タブ画像は「W96×H74」と決まっています。

申請する前に知っておきたいポイント!

LINE Creators Marketの登録を済ませ、画像を用意し申請を行えば、後は審査の結果を待つだけとなります。しかし、いくつか申請する前に知っておきたいポイントがあります。
まず審査のリクエストを行い、結果が分かるまでは最低でも1週間以上は掛かります。これだけ待って結局審査に通らず、やり直しになっては時間の無駄です。LINEではどういったスタンプがNGなのか、細かく設定されているので、それを把握し審査に通りやすい画像を作る事が大切です。暴力系や下ネタ系、ギャンブルを助長するようなスタンプはリジェクトされる可能性が高いです。
また、スタンプ情報に不備があったり、画像の透過がしっかり行われていない場合も、審査に通らなくなってしまうので注意しましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑