ラインのクリエイターズスタンプで気をつけるべき商標権、著作権、特許権、意匠権、知的財産権ってどういうもの?



自分もクリエイターに!活躍するために気を付けるべき権利その1

ラインのスタンプは種類が豊富で見ていて楽しいですよね。中には音声があるもの、イラストが動き出すものなど斬新なアイデアのスタンプもあります。
今では公式スタンプだけでなくクリエイターズスタンプとしてどんな人でも気軽にスタンプの作成、販売をすることが出来ます。
それでは今回は知的財産権について説明をします。
知的財産権は様々な種類の権利があります。知的財産権には産業財産権と著作権等に大別されています。
産業財産権と著作権等にもまた細かくいろいろな権利が入っています。
まずは産業財産権です。産業財産権には特許権、意匠権、商標権があります。
特許権は簡単にいうと発明をしたときに発生する権利です。特許取得をアピールしている企業をよく見ますが、企業で独自の研究を重ね会社オリジナルの技術や商品、アイデアを努力して生み出したということです。もし何年も研究を重ねてきた技術をあっさり他の企業に真似をされて利益を横取りされては嫌ですよね。それを防ぐための権利です。
意匠権は家電などのデザインを考えた時に発生する権利です。近年、独特な形をしている家電を目にすることがあります。デザインが今までにないもので人気が出たとします。特許権と例えが重複してしまいますが、こんなに人気の出るデザインなら真似をしてしまおうという企業が出てしまう恐れがあります。それを防ぐのが意匠権です。
商標権はマークのことを言います。マークは企業をイメージしているものがほとんどです。マークを見ただけで、あの企業だ!あの商品だ!とわかるようにしています。商標は企業のイメージかつ顔ということです。

自分もクリエイターに!活躍するために気を付けるべき権利その2

最後に著作権について説明をします。
文学、学術、音楽など作者が自分の考えやアイデアを詰め込んだ作品を著作物といいます。その著作物を作った人のことを著作者、著作者に与えられる権利が著作権となります。そのため誰しもが著作物を作ることが出来、そして著作者になり、著作権が与えられることが可能なのです。自分のアイデアを詰め込んだラインスタンプを作成することであなたも著作者となり権利が与えられます。著作権の保護期間ですが創作時から著作者の死後50年とされています。
しかし、作品を作るにあたって注意が必要なことがあります。作品を作ると言うことは他の著作権の侵害を侵してしまう危険性があるのです。例えば、受け狙いで有名なアニメのセリフや作画を自分の作品に取り込むとします。これは立派な著作権侵害となってしまいます。
最近は著作権の意識が高まり厳しくなっているので自分は知らなくても第三者から見れば真似をしていると判断されてしまう可能性も捨てきれません。そのため、作品を販売をする場合は気を付けることをおすすめします。
権利のリスクを上げましたが、権利は製作者を守るためのものです。権利を意識して、ぜひ素敵なアイデアがあふれる作品を制作してはいかがでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑