クリエイターズスタンプの「メイン画像」、「トークルームタブ」画像って何?



メイン画像とは何か?

メイン画像とは、ラインストアでスタンプを購入する際にストアに並ぶメインの画像として表示されるものを指しています。要するに販売されるラインスタンプのパッケージのような役割を持っている画像であり、ユーザーの目に留まる最初の画像となっています。
画像に関しては販売する側が自由に設定できるので販売するスタンプ画像の中から選んでも良いですし、メイン画像専用の画像を作成しても問題ありません。
ただしこのメイン画像が目立っているかどうかでユーザーがスタンプに興味を持つかどうかが決まってくるので、できる限りスタンプ画像の中から選ぶ方が望ましいと考えられています。中でも特に目立つものや、ユーザーが興味を惹かれそうなインパクトのあるものを選ぶのがおすすめです。

トークルームタブ画像とは何か?

トークルームタブ画像とは、トークルームで使用するスタンプを選ぶ際のアイコン画像を指しています。つまりスタンプの種類を表示するためのタブ代わりの画像として使用されているもので、こちらもスタンプを制作販売する側が自由に設定できます。
トークルームタブ画像を作成する際のポイントとなっているのは、メイン画像やスタンプ画像と違ってトークルームタブ画像はすでに購入した人にしか表示されない画像であるところです。そのため画像としては他のスタンプとの区別化が出来るように分かりやすくなっていればいいと考えられているので、スタンプの顔の部分だけを大きくしたものなどひと目でどのようなスタンプなのか分かるように設定しておきます。

それぞれの画像の意味を理解して作成する

ラインスタンプを作成する際には必ずメイン画像・スタンプ画像・トークルームタブ画像の3種類を作成しなければいけません。多くのクリエイターはスタンプ画像の作成に時間をかける傾向があるのですが、そこから派生して作成されるメイン画像やトークルームタブ画像にも重要な意味があります。
例えばメイン画像はユーザーとの最初の接点であり、ユーザーの興味を引けるか、購入意欲に繋げられるかのポイントになっています。
またトークルームタブ画像はユーザーが購入した後ではありますが、他のスタンプとの識別が出来るかどうかが重要です。ここで他のスタンプとの差別化が出来れば使い勝手のよさにも繋がってくるので、使用頻度を高められればさらに他のユーザーの購入意欲に繋げられるなどのメリットに反映されていきます。
そのためスタンプ画像だけではなく、メイン画像やトークルームタブ画像もそれぞれの意味を理解して作成するのが、スタンプ作成の失敗を予防できるポイントになっているのです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑